プロの査定はここを見る
有名メーカーを 1989年が境目 ベストセラー機種

メーカーポイント

有名メーカーの機械なら、それだけで高く査定される場合があります。

  • [代表的な工作機械メーカー]
    • オークマ
    • 岡本工作機械
    • ヤマザキマザック
    • 森精機製作所
  • [代表的な制御装置メーカー]
    • ファナック
  • その他として
    • OSP(オークマ)
    • ヤスナック(安川電気)
    • メルダス(三菱電気)
    • マザトロール(ヤマザキマザック)

なぜ、一流メーカーの機械は高く査定されるのでしょうか?
それは

  •  部品の供給体制、アフターサービスがしっかりしている
  •  ブランド力があるので、高く売りやすい

こういった現状は、車や高級ファッションブランドの商品は高く売れるのと同じといえます。
海外でも高く評価されている日本国内の一流メーカー工作機械は、海外でもかなりの評価を得ています。 したがって、国内だけでなく海外での需要も高く、一番高く購入してくれる企業へ販売すればいいのです。
弊社では、アジア諸国への強力なネットワークを生かし、購入を希望する企業を瞬時に見つけることができます。

年式のポイント

中古機械買取で一番重要なのが、年式です。業界では1989年以降の機械を“平成もの”とよび、 国内外で再版できるケースが非常に高くなります。
しかし、1988年以前のものとなると、国内での再販は難しく、海外マーケットでも、あまり売れないので、かなり安い査定となります。
また、制御装置はOM以降の評価が高いです。DCモーターか、ACモータか?でも評価が変わります。 一般的に古い機械の場合、DCモーターが主流です。DCかACかは、モーターソケットの色でわかります。

  • DC:黄色
  • AC:赤
従って、赤色のACモーターは査定が高くなります。

型式のポイント

型式は過去によく売れた機種ほど高額査定の対象となります。

 

過去によく売れた機種

  • [汎用機]テクノワシノ・・・・・LEO旋盤
    • OKK・・・・・・・・オートミラーフライス盤
    • 大日金属・・・・・・・DLG-SH(B)
    • 滝澤鉄工所・・・・・・・TACシリーズ
    • 中部工機・・・・・・・LCCシリーズ
    • オークマ・・・・・・・LS、LTラジアルボール盤
    • 小川鉄工・・・・・・・ラジアルボール盤
    • 西部機械・・・・・・・正面盤
    • 静岡鉄工所・・・・・・VHRシリーズ
  • [マシニングセンタ]
    • DMG森・・・・・SV、MV、NV
    • オークマ・・・・・・・MC、MV、大型門型MC、五面加工機
    • 牧野フライス製作所・・V55、A55
    • ファナック・・・・・・ロボドリル
    • 東芝機械・・横中ぐり盤
  • [NC旋盤]
    • 森精機製作所・・・・・SL、CL、DL
    • オークマ・・・・・・・LB、LCS
    • ヤマザキマザック・・・QT
  敬称略

種類のポイント

◆ 研削盤と放電加工機は不利
両方とも、多量の水を使用するため、機械が壊れやすく、中古となると修理箇所が多くなるためです。
しかし、メーカーや状態によっては高額査定になることもあります。そんな中でも、大型ベッド研削盤は有利になる場合があります。 金型業界で使われる、ラム型フライス盤、放電加工機、ワイヤーカットなども査定評価が低くなる場合があります。
◆ 特徴のある機種は高額査定になる場合も!
各分野において、その機種を使わないとできない場合、必要な機械となるため、 用途が限定的で、特徴的な機種は高額査定につながる場合があります。
◆ NC旋盤はテールストックがあると有利
テールストックがあるほうがテールストックが無い場合にくらべて査定が2割から3割変わってくる場合があります。
◆ リニアガイドより角スライドが有利
中古市場においては一般に角スライドの方が高く評価されます。工作機械の送り部分は、リニアガイド(直動ベアリング) または、角スライドのどれかになりますが、中古市場では角スライド方式のほうが高く評価されます。

査定がつかない場合

 ガントリ仕様(専用機)
NC旋盤などの自動化目的のため特殊なガントリローダーが付いている場合、査定がつきません。 販売先が限定され、融通が効かないため敬遠されてしまいます。さらに、処分費用もかなりの額になり引き取れない場合もあります。
 外国製の工作機械
中国製の工作機械はまず査定がつきません。 機械の信頼度が低すぎるため求める製品ができあがらなく、さらに故障が多くメンテナンスができないからです。 欧米諸国にも一流ブランドの機械はありますが、それでもアフターメンテナンスの面から敬遠されがちになりますが、 販売する国内において、アフターサービスの できる支社等を置いている場合は査定の対象となる場合があります。
 現在使用されていない加工目的の機械
現在、工場にある他の工作機械との連携がとれなくなるためです。
そうした中でも、タイミングよく欲しい企業が見つかれば、査定はつきますが、ほとんど稀です。

機械の動作確認ができる

動作確認ができる機械とできない機械では査定額が全く変わります。 たとえキレイな機械であっても、また、資料が揃っていたとしても、 買取査定時に動作確認できない状況(ラインから外されている・倉庫に保管してある)では動かない機械と認識されます。 動作確認できない機械の査定は、機械が動かないリスクを見越して査定額を決めるため、査定額が大幅に下がるため、 機械を使う予定がなくなり、売却しようとお思いであれば、電源を外さずに“中古機械情報館”にご連絡ください。
また、動作確認時に確認するポイントは以下の3つです。

  •  スピンドルの状態・・・スピンドル回転時に異常音や振動がある場合、不具合が発生しやすくなるので、評価が大きく下がります。
  •  ATCの状態・・・・・工作機械の一番のトラブル発生原因となるのがATCの動作異常です。古い機械ほどATCの動作異常が起きやすいので、ATC交換をすべて行い動作異常がないか確認する必要がある場合があります。
  •  送り部分の状態・・・・NC機の場合各軸に送りをかけ、異常音や振動がないかを確認します。スライド摺動面にザラつきがないかなどを確認し、ザラつきがある場合査定評価のつかない場合があります。

機械及び、機械周辺をキレイな状態にする

キレイに使われている機械はそれだけで査定スタッフの第一印象が良くなり査定額も相場より高くなります。
不思議かも知れませんが、理由としては、キレイに使われている機械=大切に使われている機械であり、 そのような機械は故障リスクが少ないため、買取後の修理・メンテナンスに手間がかからないことが多いからです。 また、機械に加え工場がキレイであることも同様の理由で重要です。 査定スタッフは、買取査定依頼時に受け取る機械の画像から工場内もチェックし、総合的に判断して査定額を決定します。 そのため、査定時に機械を撮影する際には、機械に加えて、機械周辺もキレイに掃除をしておくことが高額査定のポイントとなります。

機械の資料を揃えておく

取扱説明書・電気図面・NC装置説明書・パラメーターシート・納入仕様書など機械の資料を大切に保管していれば、 査定スタッフの印象が良くなります。資料は購入者の手に渡る大切なものなので、油などの汚濁に注意して取り扱う必要があります。
また、資料は機械の購入時は無料ですが、後で手に入れようとすると相場は一冊1万円で高価なものとなります。

売ろうと思った時が売り時

機械を使わなくなってしまった時、売ろうと思った時、それが高額査定の最良のタイミングです。 景気の影響で相場は多少上がることもありますが、一部の高人気機種を除き基本的には買った時点から相場は下がる一方です。 そのため、売ろうと思った時が最も高い査定額を得られる瞬間です。売る時はタイミングと決断力です。 “中古機械情報館”にすぐにご相談ください。

売却予定機が複数ある場合はまとめて査定

売却する機械は買取業者が移設工事するので、査定額は「査定額=買取機械の価値−移設工事コスト」となります。 そのため、単品で査定されると全ての機械に移設工事コストが掛かり高額査定になりません。 “中古機械情報館”では、お客様が高額で売却できる入札会開催による工場内設備一式総買取において数多くの実績があります。 入札会とは、工場の機械設備一式を工場に据えつけられたままの状態で全国の機会販売業者に情報を流し、大々的に販売会を行うことです。 入札会を上手く活用することで高額査定を引き出すことができるのです。

 

メリット1
移設工事コストや管理コストを削減できるため、個別に機械を販売するよりも高価での物件処分ができます。
メリット2
幅広く売却情報を提供することにより、売れ筋の機械だけでなく、 付属品・機器・工具等までも含む工場の全てのものを処理することができます。(特殊な廃棄物等は除くこともあります。)
個別に販売していしまうと、売りやすい人気のある機械だけが買い取りされ、そうではない機械は残ってしまいます。 その結果、売れ残った機械については、お客様がお金を支払って処分することにもなりかねません。
メリット3
個別に販売する手間が省けます。
当社が一括購入いたしますので、煩雑な機械売却の手間を省くことができます。 また、在庫リスクも“中古機械情報館”が負担します。

入札会の手順

  • ■ 当社での工場設備の調査をし設備一式を一括して買い取ります。
  • ■ 入札会の案内書を作成し全国に売却情報を出します。
  • ■ 約三週間ほどの現地下見期間を設定した後に入札会を行います。
  • ■ 入札会後、約十日ほどで物件を搬出し、最後にスクラップ等の処理も行い終了します。
    (準備期間等も含め合計で約2〜3ヶ月が必要です。)

機械設備ご売却時のQ&A

Q.査定・見積は費用がかかりますか?
A.機械の査定・見積は無料で行っております。お気軽にご連絡ください。
Q.機械の搬出時に費用は発生しますか?
A.設備の開催作業、搬出作業にかかる費用も全て“中古機械情報館”で負担いたします。お客様にご負担いただくことは
  ありません。
Q.代金はいつもらえるの?
A.原則、搬出日までに振込または現金にてお支払いさせていただきます。
Q.高額査定のポイントはありますか?
A.機械の付属品(ツーリング・バイス)が多数ついている場合です。

信頼できる中古機械業者の選び方

機械の購入者・機械のご売却者・同業者とのネットワークが広い中古機械業者が良い中古機械業者といえます。 理由としては、広いネットワークを持つので買い取った機械を高確率で即時に販売することができるため、 結果として他社よりも高額査定をつけることができるからです。また、人間的に信用できる業者であることも重要です。 中古機械の取引をしたことがない企業に対しても、電話やメールでのレスポンスが良いという点やどんな質問にも親切に答えてくれる業者を選ぶべきです。
また当然ですが、古物商免許を持つなど、コンプライアンスを守っている業者と取引するべきです。 工作機械は軍事転用されることを防ぐため、海外輸出には「非該当証明」と呼ばれる経済産業省の許可を得ることが必要です。 コンプライアンスを守らない業者が不法に海外輸出した場合、元の持ち主にも責任の及ぶ恐れがあります。

高額査定のポイント
買取について
  • 購入
  • 売却
  • 予約